ベストワンバスツアー BEST1
ベストワンバスツアー 紫陽花

まだ見ぬ日本の地へ、気軽 に、感動体験へ

バスツアー格安専門サイトオンライン予約・クレジット決済対応

営業時間 9:00~18:00(年中無休)
商品数トップクラス!地方発着も充実!
21年サイトオープン!【高ポイント還元】お得!
商品数トップクラス!
地方発着も充実!
21年サイトオープン!
【高ポイント還元】お得!
営業時間 9:00~18:00(年中無休)
【全国旅行支援(Go To トラベルキャンペーン)】をお得に利用して楽しめるバスツアーをご紹介!せっかく予約するなら格安・最安値のベストワンバスツアー!
ベストワンバスツアーTOPページ > バスツアー特集 > 【梅の花】日帰り・宿泊バスツアー

【梅の花】日帰り・宿泊バスツアー

梅の花
日帰り・宿泊バスツアー

更新日: 2022/06/01

バスツアーは季節に応じた話題の絶景スポットや、グルメや温泉ほか、旅の旬を熟知している旅行会社の「こだわり」が詰まったバラエティに富んだ商品がいっぱい。日本には春夏秋冬の四季があり、それぞれの季節が自然の風景を彩り、美しい景観を楽しませてくれます。「お花」はバスツアーの人気テーマの一つ。早春の訪れを知らせる梅の花の香りを訪ねるバスツアーも人気です。梅の花を訪ねるバスツアーについて紹介します。

梅の花の魅力

バスツアーでも人気のテーマの梅の花。梅の花のどういった点が魅力なのでしょうか。まずは梅の花の魅力と梅にはどんな種類があるのかを紹介します。

梅の歴史

梅は私たち日本人に古くから愛されてきた花。縄文時代末期の遺跡からも梅の種などが発見されています。万葉集にもよく詠まれている花です。現在の元号「令和」は奈良時代に太宰府の長官であった大伴旅人が梅花の宴を開いたときに詠まれた歌「梅花の歌三十二首」の序文にちなんでいます。

梅の品種

梅にはたくさんの品種があってその数は300種以上とも500種以上ともいわれています。大きく分けて次の3つの系統に分かれています。

野梅系(やばいけい)

野梅から変化した原種に近い梅で、中国から渡来した梅に由来するといわれています。枝は細く、花も葉も比較的小さいけれど。とてもよい香りがするのが特徴です。

緋梅系(ひばいけい)

野梅系から変化したもので、枝や幹の内部が紅く、花は紅色・緋色です。 花が白くても、枝の髄が紅いもの緋梅系に分類されます。

豊後系(ぶんごけい)

梅と杏との雑種で、葉が大きく育ちの良いものが多いのが特徴です。杏に近く、花は桃色のものが多いです。

梅の花 バスツアー おすすめスポット 厳選3選

偕楽園

水戸の偕楽園は岡山の後楽園、金沢の兼六園と並ぶ「日本3名園」の一つ。「徳川御三家」の一角、水戸徳川家の庭園です。天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。名前は中国古典である『孟子』の「古の人は民と偕に楽しむ、故に能く楽しむなり」という一節から援用しました。領民とともに楽しむ場にしたいという徳川斉昭の想いが込められています。園内に植えられている梅は約100品種3,000本に及びます。毎年2月から3月にかけて、春の訪れを告げるかのように可憐に咲き競います。 様々な品種があるため、「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と長期間にわたり観梅を楽しむことができるのも魅力です。梅の開花時期にあわせて、「水戸梅まつり」が開催され、多くの人で賑わいます。

梅見頃_春日野(かすがの)偕楽園ウェブサイト

北野天満宮

天暦元年(947)に創建された、学問の神様として知られる全国に約1万2000社ある天神社・天満宮の総本社。菅原道真を祀っています。菅原道真は藤原時平の讒言によって大宰府に左遷され、失意のうちに没しました。その後、都では落雷などの災害が相次ぎ、これを道真の祟りとして恐れ、造営されました。国宝に指定されている御本殿は豊臣秀頼による造営。八棟造と称される絢爛豪華な安土桃山建築です。毎月25日の縁日には宝物殿の特別公開が行われ、境内には多くの露店が立ち並んでにぎわいます。「東風吹かば にほひおこせよ 梅の花主なしとて 春を忘るな」の歌に見られるように菅原道真は梅の花を大変好んでいたことから天満宮では梅の花が植えられています。境内には50種約1,500本があり、花の時期には境内で梅の花が咲き誇ります。

いなべ市梅林公園・鈴鹿の森庭園

約38haの広さを誇るいなべ市梅林公園には、実梅を中心とした広大な梅林と、花梅を中心とした庭園風梅苑に加えて、農業体験のできるクラインガルデンなどを配しています。毎年3月上旬から下旬に開催される「梅まつり」には多くの人々が訪れます。約200本のしだれ梅が植樹される庭園鈴鹿の森庭園でも「しだれ梅まつり」が開催され、ライトアップが行われます。

梅の花 バスツアー 集合場所

首都圏発のバスツアーは東京、新宿など23区内の他に千葉横浜からもツアーが出発、日帰りで水戸の偕楽園を訪ねるコースが多いです。中には目的地が水戸の偕楽園のみといったコースもあります。東海地方では名古屋から「いなべ市梅林公園」、「鈴鹿の森庭園」の2つの梅の名所を訪ねるコースがあります。関西地方では大阪の梅田から北野天満宮をはじめ、三重県の「いなべ市梅林公園」、「鈴鹿の森庭園」を訪れるコースもあります。

まとめ

バスツアーの大きな魅力は何といっても移動が楽なこと。公共交通機関ではアクセスが不便な場所でも「バスツアー」なら直行することができます。またマイカーで行く場合、カーナビが普及しているとはいえ、慣れない道の運転でありがちなのが道迷いの心配も無用。自分で車を運転しなくてもいいので、アルコールも飲めます。バスツアーに参加して、桃の花を観賞してはいかがでしょうか。

「梅の花バスツアー」
で検索

目的からバスツアーを探す

目的からバスツアーを探す

目的からバスツアーを探す

目的からバスツアーを探す

目的からバスツアーを探す

目的からバスツアーを探す

目的からバスツアーを探す

目的からバスツアーを探す